九州大学病院 救命救急センター/小児救命救急センター/集中治療部

救命救急センターのご案内

救命救急センターEmergency & Critical Care Center

当院救命救急センターは2006年8月1日に開設し, 現在まで福岡県全域及び近県より三次救急患者を24時間体制で受け入れています。発足時19名であった専任医師も30名前後まで増員され(小児救命センター, 集中治療部含む), 全国でも有数の規模に成長しています。今後も地域の救急医療の最後の砦としての役割を果たすのみならず, 広域災害, 原子力災害における災害拠点病院として, さらに一般社会に対する災害・救急医療の教育・啓発施設としても貢献を続けていきます。

救命センター長 ご挨拶

救命救急センター長 北園孝成
救命救急センター長
北園 孝成
(第二内科 教授)

医の原点は救急医療から

九州大学病院救命救急センターでは、多発外傷例や重症例を含めた外傷疾患、循環器疾患・呼吸器疾患・脳卒中などの内科系救急疾患、小児救急、薬物中毒、3次救急医療を必要とする精神科疾患、その他、耳鼻咽喉科疾患や眼科疾患など、あらゆる分野の患者さんに、24時間体制で対応しています。スタッフ、医療設備、医療サービスの充実に力を入れ、ヘリポートを玄関口としての広域からの重症救急患者の受入も積極的に行っています。さらに九州大学病院の各診療科の専門医と協力しながら救急医療と救急医学教育ならびに研究に邁進しています。

地域の救急医療に対しては、福岡救急医学会と共に、メディカルコントロールへの積極的な協力と、救急救命士や院内の研修医やメディカルスタッフの教育に力を入れ、BLS, ACLS, JPTEC, JATECなどの講習会の開催や、呼吸管理セミナー、多発外傷研究会(18年度発足予定)、重症患者勉強会などを定期的に開催しています。九州大学病院救命救急センターでは、毎朝7時から抄読会の他、これらACLSやJATECの実技の練習や、救急患者の診断の仕方などの勉強を行い、お互いに切磋琢磨しています。

九州大学病院救命救急センターは、患者中心の医療を大切にして、九州大学病院としての総合力を十二分に発揮できるよう多職種によるチーム医療を推進し、アジアのみならず世界をリードする医療の質の担保に心がけてまいります。患者さんに、安心して診療を任せていただき、満足して社会復帰していただけるよう、今後とも頑張っていく所存ですので、何卒よろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

診療内容

救命救急

救急隊による搬送患者、他医療機関から紹介される重症患者を受け入れています。

対象疾患
内因性疾患

呼吸不全、ショック、脳血管障害、急性冠症候群、重症感染症、肝不全、腎不全など

外因性疾患

多発外傷、広範囲熱傷、中毒など

実績紹介

症例区分 施設の全症例数
(2020年)
救急搬送 1,683件
心停止 90件
高エネルギー外傷 271件
救命ICU入院患者 460件

(小児含む)

Page Top